ネット社会が作り出している不穏な空気をどうにかしたい

ネットを使った巧妙な手口

ネットワーク監視というのは、ネットを使って悪い事をしていないか監視する事です。近年のこのネット社会の便利さの背景には、このようなネットを使った悪質な行為が増えていますので、監視をしていても、その穴を抜けて悪さをする人が多いのです。ネットを通じていじめをしたりする若者も増えていますので、そういう物を監視する学校側や、親などの立場でもありえる話です。ネットは顔が見えない相手とのやりとりなので、信用性にはかける部分があります。

出会い系は注意が必要

もちろん元々の知り合い同士で使う分にはとても便利なものです。どんなに離れていても関係なく、相手と連絡が取れますので便利です。ですが、知り合いではなく、ネットを介して知り合った場合で、まだ一度も会ったことのないような場合には、それなりに注意が必要です。出会い系などの場合は、沢山の事を偽っているケースも多々あります。信用できるサイトから調べても嘘をついている場合もあるので、本当に信用できるのかは実際に会ってみるまでは分からないのです。

今の便利すぎる時代のせいで

さらに今の時代は、画像なども綺麗に加工できてしまうので、会ってみて初めてこんな人ではないというような感じになってしまうこともあります。全く違う顔で出している人もいます。それに、これだけの事ができてしまうので、簡単に誰でもいじめのように誹謗中傷を書けてしまいます。書く方はストレス発散程度の気持ちでも、書かれた方はとても悲しく辛い思いをします。そういう事が増えないようにする為にも、監視をして平和な世界にしていくのです。

アクセス元およびルートの検知によって情報の流れを見える化することで、フロー監視を行いネットワークセキュリティは維持すること可能になります。

2016年11月23日