緊急のトラブルにも慌てずに済む!ネットワーク監視の重要性

予備のシステムを導入する事でスタッフの負担を減らす

ネットワーク管理担当のスタッフは、日頃からパソコンの画面を見ながら、いつトラブルが起きるか分からないストレスを抱えています。そんなストレスから解放してあげるためにも、最新のネットワーク監視システムの導入を考えてあげてください。機器やネットワーク回線の冗長化という対策を始めるだけでも、緊急時のサーバー機器の切り替えが簡単になって、スタッフのストレスを大幅に軽減する事ができますよ。顧客側にもストレスを与えないために、ネットワークの予備システムの導入なども考えておきましょう。

同じシステムを2系統用意するメリット

ネットワーク監視システムが正常に作動していると、もしネットワークにトラブルがあった際に、予備のシステムに即座に切り替える事が可能です。コールドスタンバイという方式であれば、ネットワーク障害児に予備のシステムを起動します。ホットスタンバイという方式の場合は、同時に2つのシステムを起動しているために、予備のシステムが処理を即座に引き継ぐ事が可能です。常にシステムを2つ動かすコストなども考えながら、どちらのシステムを利用するか考えておきましょう。

業者側が新しいネットワークの構造を提案してくれる

ネットワーク監視システムを担当する業者が、常にアドバイスを送ってくれるのも大きなメリットの一つです。現在のネットワーク構成から、最新のシステムに切り替えるだけで、どれぐらいコストが削減できるか教えてもらえます。ネットワーク監視担当のスタッフの人員削減なども、最新システムの導入で可能になります。自社のネットワーク保護のために、どれだけ費用がかかるのか心配だという人は、業者側のアドバイスも聞きながらネットワーク監視システムを構築しましょう。

ネットワーク監視とは、ネットワーク機器そのものとネットワーク機器間の通信の正常性を監視することをいいます。

2016年11月23日