ビットコインの流行と凋落!その要因とは!

ビットコインの流行について

ビットコインという電子通貨が流行したことがあります。今でもそこまで熱狂的とは言えなくなっていますが、流通しています。流行したのは間違いなく投機性が高くなったからです。これは十数ドルしか購入していなかったが、その間、放置しており、後で気付いたら十数万ドルの価値になっていた、という話が一気に広まったからです。これで日本においては認知度が思いっきり高くなりました。つまりは、投機が目的になった人が参入したわけです。

現在では失敗しているのか

では、現在では失敗しているのか、というとそうでもないです。凋落しているともいえますが、それはバブルの時の熱狂がなくなった、という意味です。むしろ、健全な意味で電子通貨の目標に突き進んでいるといえます。具体的には国境を越えた資金移動をスムーズにする、価値の下がることのない通貨として利用しようとする動きです。それこそが電子通貨の当初の設計目的であり、上手くすれば国際通貨になるとまで期待されたほどです。

最終的な目的としては

ビットコインの最終的な目的としては、基本的には流通させることです。出来るだけ決済手段として使えるようにすることになります。それこそがビットコインの最終目的です。今では使えるところはいくつもありますが、それでも国際決済などではまだまだ使えないです。これは価値を認めてもらう、ということがとにかく手段として重要になります。価値の担保と流通性を高めることがビットコインの今後の隆盛には確実に必要になります。

ビットコインは仮想通貨と呼ばれており、お金としての価値はあります。ですが実際に形のある物ではないため、Web上の通貨として利用されるのが一般的です。

2016年5月27日