どうして起こる?ネット誹謗中傷。原因と対策を知ろう

なぜネット誹謗中傷は起こるの?

パソコンとスマートフォンの普及で、インターネットが老若男女に浸透した現在、問題になっているのがネット誹謗中傷です。ネットの掲示板やSNSで、全く知らない相手から言いがかりをつけられたり、不快なコメントを書かれた事はないでしょうか?ではなぜネット誹謗中傷は起こるのでしょうか。その原因は匿名性にもあるとされています。相手と顔を合わせないぶん強気になれるので、日頃の鬱憤を晴らすため、見知らぬ相手を中傷する事があるようです。ネットは人間が発明した便利な文明ですが、その裏の闇の部分と言えるかもしれません。

ネット誹謗中傷されないようにするには

ネット誹謗中傷は、どんな方もターゲットにされる可能性があるので、完全に予防するのは難しい事です。しかし、ターゲットにされにくくする方法があります。それはなるべく目立たないようにする事です。例えばブログやSNSをやっている人は、自分の画像をたくさん載せないようにする、自画自賛ととれるような書き込みを慎む、特定の団体や有名人を非難する書き込みをしない事です。あくまで個人的な感想であっても、言葉の組み合わせで、検索エンジンからあなたのブログに辿り着く事は可能です。あなたが気に入らない有名人でも、ファンからすれば大切な人ですから、発言にはくれぐれも気をつけましょう。

もしネット誹謗中傷されてしまったら

もしネット誹謗中傷されてしまったら、相手に言い返して個人的に解決しようとするのは危険です。なぜならネットという匿名性から、相手はよりあなたを中傷し続ける可能性があるからです。相手を興奮させると、あなたの画像や書き込みが色んな掲示板に貼られてしまうかもしれません。まずは、使用している掲示板やブログの管理人やカスタマーサポートに相談しましょう。不快な書き込みの削除や、誹謗中傷した人物のIPアドレスをブロックするなど、何かしらのアクションをしてくれるはずです。しかしあなたの住所や名前を特定し、殺害予告のように危機を感じる書き込みは、一刻も早く警察に相談しましょう。以上の事に注意してインターネットを楽しみましょう。

逆SEOはネット上の誹謗中傷対策の一つで、人に見られたくないWEBサイトの検索順位を下げることにより、悪意のある書き込みを低減させます。

2016年4月23日