知って安心!効果的な風評被害対策の方法をご紹介

王道は正しい情報を一般公開すること

風評被害対策で最も効果的なのは、正しい情報を広く一般に公開することです。風評被害というのは、いわゆる噂が一人歩きしてしまっている状況のことを指します。ですから、噂をかき消すことのできるような明確な事実を世間に公表することが最も効果的な対策だといえます。事実の前には、風評は意味をなしません。時間をかければ徐々に誤解は解けていきますから、まずは正しい情報の拡散を心がけるべきでしょう。事実を隠していては、いつまでも風評被害は収まりません。

収まるまでじっと待つのも一つの手

人の噂も七十五日とはよく言ったもので、風評被害も放置しておけばそのうち収まるものですよ。下手に言い訳をしていると余計に状況が悪化することもあります。噂は自然と消えていくものなので、じっと待つというのも一つの手ではあります。待つだけなら、費用はかからないので、お金がない場合にはこの方法が一番いいでしょう。ただ、経済的な損害に繋がるような場合には、待っていると状況がより悪化してしまうので要注意ですね。

政府に助けを求めるのもあり

農家の人たちなら、政府に助けを求めるのも効果的な手段となるはずです。一般国民の風評被害は収まらなくても、政府から補助金をもらうことができればダメージは相殺できます。経済的な損失が出ている場合には、政府に助けを求めるのが一番かもしれませんね。政府も国民を守る義務がありますし、風評被害で経済を悪化させるわけにはいきませんから、一定の努力はしてくれます。漁業に関係する人たちも、原発事故の後は政府に援助を求めました。

風評被害対策とは、根拠のないネガティブな情報によって人格的、経済的、あるいは社会的に打撃を受ける可能性があるときに、その危険性を除去するためにする対策のことをいいます。

2016年4月23日