人ごとではないかも!?誹謗中傷対策の必要性

人目に触れやすい情報の対処

現代において誹謗中傷対策というとインターネット上の情報が要因になっている事が多いです。人目に触れやすい情報ほど、誹謗中傷でのデメリットは大きくなりやすいため、ある程度は対処法を知っておいたほうが良いことも少なからず有ります。誹謗中傷は早期発見、早期対応がポイントとなります。情報が拡散される前に食い止めることが理想と言えるでしょう。ニュースサイト、SNSなど、有名で注目されやすいサイトほど注意が必要です。

誹謗中傷対策を行う場合

誹謗中傷対策は業者に依頼するか、サイトの管理人や運営者などに依頼して行うのが一般的です。ただし誹謗中傷の原因となるユーザーの特定が容易であれば、直接コンタクトを取って対処できる可能性がありますね。しかしながら、そのユーザーが悪意ある行動を意図的に取っている場合はその範疇外となります。場合によっては法的措置を取ったほうがスムーズに解決できます。精神的損害によっては慰謝料の請求も不可能ではありませんよ。

状況を整理して行動すること

インターネットでの誹謗中傷は小規模なところでも起こり得ることです。ブログ、チャットなどでも誹謗中傷対策が必要となるケースは実のところ多いです。企業であれば対処は必然となるケースが多いものの、個人では対処に困るといったケースもあるでしょう。その際には状況整理をし、慌てずに行動しましょう。不安が拭えない場合は念のため気になる記事、画像などを保存しておくと良いです。後々誹謗中傷の証拠になる可能性がありますよ。

誹謗中傷対策としてSNSで被害にあった場合を想定してみましょう。個人に出来るのは、運営者に削除を求めることです。ただし、請求はSNSで直接発信するのではなく、証拠として保存できるメールで行います。

2016年4月22日